1ランク上の不動産投資のご案内 エストレード 1ランク上の不動産投資のご案内 エストレード

新しい不動産投資の形を
エストレードがご提案致します。

都心の一等地における 新築商業ビルへの不動産投資です。

今、不動産業界はバブル景気以来の好況期を迎えています。東京に56年ぶりに帰ってくる五輪は、世界最大級のスポーツイベントです。日本銀行調査統計局が2015年に発表した「2020 年東京オリンピックの経済効果」によると、2015~2018 年における日本の実質GDP成長率は毎年+0.2~0.3%ポイント程度押し上げるとのデータが算出されています。開催地決定から東京の不動産価格は上昇の一途を辿っています。特に港区・中央区・千代田区などの都心部では地価上昇が著しく、2018年の地価公示価格は前年に比べて港区で5.3%、中央区で2.2%、千代田区で3.3%という数値を残しています。そんな追い風が吹く今、プレミアムな不動産投資のご案内です。

NEW
REAL ESTATE
INVESTMENT

エストレードが選ばれる5つの理由

01

都心のターミナル駅の駅近物件は、空室率が低く、人気が高いのはいうまでもありません。そのため情報公開前に売れてしまうことが多いため、一般にはなかなか出回りません。しかし、エストレードには独自のネットワークがあるため良質な物件が手に入りやすいのです。

DISTRICT

02

居住用マンションの場合、個人との契約が多く、保証制度があるとはいえ、賃料の回収にはある程度のリスクが伴います。商業ビルの場合は、企業や事業主が主な店子になるので、賃料回収リスクが低いのと、内装にかかる費用は借主が負担することになり、コスト的にも有利になります。

TENANT

03

居住用物件の場合は、解約の1ヶ月前に申し出ることが一般的ですが、商業ビルの場合は、解約の6ヶ月前に申し出ることが通例となっています。テナントを募集する期間が長いためこの期間に次のテナントが決まることが多いので、居住物件に比べて、空室率が低いのです。また、テナントの募集もエストレードが全面フォローいたします。

SUPPORT

04

確かに営業許可など、居住用物件に比べると様々な煩雑なことが多いですが、エストレードが豊富な経験をもとに責任を持って管理します。

MANAGEMENT

05

当社は、土地の取得から設計施工、管理、リーシングまで一貫して行っているので、中間マージンが発生することなく、相場より低コストで始めることができます。土地の価格は、一等地では割高になりますが、このような理由から高利回りが期待できます。

COST
PERFORMANCE


進行中プロジェクト

  • 六本木4丁目プロジェクト

    六本木交差点からほど近い、飲食店が多く立ち並ぶ地域。東京ミッドタウンの向かい側の好立地。

  • 西麻布1丁目プロジェクト

    西麻布交差点から1本入った隠れ家飲食店が点在する地域に立地。有名人やセレブの需要が高い一角。

  • 西麻布1丁目プロジェクト2

    西麻布1丁目プロジェクトの向かい側に立地。高級志向のユーザーが多く訪れる地域。